着物レンタル 安心フルセット宅配レンタル「和楽庵」

和楽庵
私だけの着物選び

着物レンタル
もっと楽しく自由に

お問合せ お問合せ

0120-25-3306 受付時間 10:00 ~ 17:00

着物に関するテーマ・質問募集中!!

着物トリビア

初夏から盛夏、晩夏までの装いの目安

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文:富澤輝実子

6月の装い

6月の声を聞いたら、暑くても肌寒くとも着物は単衣を着ます。帯は夏用のものを合わせます。紗や絽のものです。但し綴れの帯は真夏以外に年中締められます。絽綴れは6月から9月の間、単衣と薄物の両方に締められます。献上博多帯は基本的に年中締められます。大きな独鈷柄の白地の博多帯は夏の間に締めるとよいでしょう。クリーム地や若草地、薄茶地、柿茶地などの独鈷柄でない平地の博多は本塩沢や単衣の御召などにぴったりコーディネートできて素敵です。
小物ですが、帯揚げは夏用を合わせます。帯締めは特に夏用でなくても構いません。レース組のものがお好みの方はお使いになってよろしいでしょう。レース組だと結び目が小さくなって貧相なのが気になるという方は袷用をそのままお使いになってよろしいのです。私も実はそうしています。
半衿は絽を使います。襦袢類は夏物を使います。私の場合は、裾除けはベンベルグデシンのひんやりとした肌触りと裾さばきの良さ、足元が落ち着く生地の重みが気に入って年中「東スカート」を愛用しています。

7月・8月の装い

7月になったら暑くても寒くても薄物を着ます。8月いっぱいそうします。薄物というのは透ける生地の着物のことを言います。代表は絽や紗です。夏の訪問着の多くは絽地に友禅で模様を染めた着物です。帯は透けた生地に模様が織表されている紗袋帯か絽綴れを合わせます。紗地に模様を染めた訪問着もあります。大変涼やかで少し趣味の香があります。

7月・8月の盛夏はカジュアルな装いがとっても楽しい季節です。ほとんどが夏織物の着物ですが、夏結城、夏大島、夏塩沢、小千谷縮、夏黄八、越後上布、宮古上布、能登上布、
芭蕉布、琉球絣、長井縮、明石縮、夏御召など数えきれないくらいたくさんの織物があります。とても手が出せない調高級織物(芭蕉布、越後上布、宮古上布など)もありますが、十日町や小千谷、塩沢などでこしらえる織物は比較的手ごろな価格帯で流通していますので、手に取りやすいと思います。帯もカジュアルな夏の帯は求めやすい価格帯ですからドキドキせずに選ぶことができるでしょう。また、染め帯も夏らしい模様のものがたくさん出ますから、見るだけでも楽しいものです。伝統的な秋草や波に千鳥、水辺風景、夏祭りなどの行事、金魚やうちわなどのちょっとユーモラスな図柄も夏織物に合わせると、ぐっとチャーミングな装いになります。私も白絽地に巻き貝、桜貝、カニ、海藻などを愛らしく染めた手描き友禅の帯を長年愛用しています。東京友禅の腰原淳策先生の作品で、江戸小紋や粋紗絣、夏結城、夏塩沢などの濃い地の夏物に合わせて満足感いっぱいに楽しんでいます。

9月の装い

9月になったら単衣を着るのが本当ですが、9月はまだまだとても暑い日が続きます。つい涼しさを求めて薄物を着たくなる弱い気持ちがある反面、夏の汗をたっぷり吸った薄物は早く洗いに出して、さっぱりとした単衣に着替えたいという気持ちにもなります。
着物は6月と同様ですが、模様で気を付けたいことがあります。それは、「アジサイとアヤメは秋には禁物」という点です。それ以外はほぼ同じように着こなして大丈夫です。

カテゴリー