着物レンタル 安心フルセット宅配レンタル「和楽庵」

和楽庵
私だけの着物選び

着物レンタル
もっと楽しく自由に

お問合せ お問合せ

0120-25-3306 受付時間 10:00 ~ 17:00

着物に関するテーマ・質問募集中!!

着物トリビア

初宮参りと七五三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文:富澤輝実子

初宮参りと七五三

今日は「初宮参り」と「七五三」のお話しをいたします。初宮参りはその名の通り赤ちゃんが初めて神社にお参りすることなのですが、その神社は「氏神様(うじがみさま)」ということになっています。その氏神様に両親や祖父母に抱かれた赤ちゃんは初めてご挨拶をするのです。「今後一生お見守りください」とお願いするわけですね。どなたも困ったときに「神様、仏様、キリスト様」などと頼るようですが、最初にご挨拶をしておくのが礼儀と考えられてきたのでしょう。
本来は氏神様にお参りするのですが、現在都会では必ずしも地域の神社ではなく、有名神社や規模の大きな神社にお参りしているようです。
お参りの時の装いは和装をお勧めいたします。初宮参りの素敵感は抱かれた赤ちゃんに掛ける「祝い着」から発散される伝統の力と華やぎだと思うからです。
初宮参りで赤ちゃんを抱くのは「父方の祖母」が習わしとなっています。父方のおばあちゃまが赤ちゃんを抱き、包むようにすっぽりと祝い着を掛けます。祝い着にはおおむね友禅で、女の子でしたら花柄や毬、くす玉、束ね熨斗、松竹梅などの華やかな模様が染めてあります。男の子は鷹や富士山、宝尽くしや宝船、巻物などの模様が多く見られます。
祝い着には幅広の紐が付いていて、そこにお守りや扇子、お祝い品などを飾り付けます。
この祝い着は洋服の上から掛けても様になりません。やはり着物姿でないといけませんね。

私の経験談

ここからは、私の経験談です。初孫(男の子)が生まれた時に嬉しくてうれしくて、すぐ初宮参りの祝い着を求めに東京・日本橋のデパートに行きました。七五三でも活用したいと考えていましたので、少し奮発して●十万円もするのを注文してお参りの日をウキウキしながら待ちました。12月生まれでしたので寒中は風邪でもひいてはいけないと思い春先になりましたが、息子夫婦が希望した明治神宮にお参りしました。祝詞(のりと)をあげていただいているときに孫がぐずることなくご機嫌でおとなしくしているのに気づきました。孫は祝詞の伴奏(?)が心地よかったのですね。嫁は「この子、音楽が大好きみたいです」と笑っていました。
その後、予約してあった明治記念館の料亭に行き、両家で食事会をしました。赤坂のとらやのお赤飯を引き出物に添え、嬉しい日でした。

初宮参りの祝い着をもう一度着る!

昨年11月に数え5歳で七五三参りをいたしました。初宮参りの祝い着を七五三の羽織にしたかったのですが、それは無理と分かり、着物に仕立て直してもらうことにしました。羽織を別に作ることも考えましたが、「初宮参りの祝い着を5年後に七五三でもう一度着る!」という成長物語にひかれて、着物姿でお参りすることにしました。これが素敵だったのです。ちょうど、11月中旬に『美しいキモノ』が東京の神田明神で取材・撮影をすると誌上告知がありましたので、出かけました。当日は絶好の初冬の小春日和。大勢のご家族がお参りした良い写真が現在発売中の『美しいキモノ』秋号「七五三特集」に掲載されていますので、ご覧いただきたいです。私の孫も交じっています。

※「紋付羽織袴」が男子の正装ですから、羽織なしではいけないかしら、と悩んだのですけれど、お宮参り一回だけでは●十万円の出費はちょっと重荷です。七五三で活用できると思うとなんだかとっても得したような気分になりました。もちろん、仕立て代やその他の出費は馬鹿になりませんが、それでも孫の成長をはっきり感じることができて幸せでした。着物は一回きりではなく、いついつまでも何回も、様々に形を変えながら役立たせることのできる優れた伝統衣装だと思います。

カテゴリー